icon-arrow-down icon icon-arrow-fill-down icon icon-arrow-next icon icon-arrow-prev icon icon-tag-close icon
8カ月

8カ月

この月齢の特徴

ものを拾ったり、左右の手におもちゃを移動させたり、
言葉とものを結びつけたりできるようになる時期です。

  • 身体能力(からだ)
    はいはいで前進/後退をします。モノを持ったままで動けることもあります。
  • 学習能力(あたま)
    2つのことを同時にできるようになります。
月齢タイル

8カ月の子どもの成長&発達:

はいはいで前進や後退をします。

2つのことを同時にできるようになります。

おもちゃを隠しても、どこかにあることが分かるようになります。

最近の出来事を思い出すことができます。

小さなモノを拾ったりつまんだりすることができます。

音をまねします。最初は母音を発音します。

お子さまの成長には個人差があります。本サイト上の記載内容はあくまでも目安であり、ひとりひとりの発育のスピードは異なります。お子さまの成長に関して不安や疑問がある場合は、お近くの医療機関などにご相談ください。

遊びのヒントとおもちゃの選び方

メロディの鳴るおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • やってごらん! ボタンを押したり、ページをめくったり、ローラーを回してみたり、おもちゃのいろんな遊びを発見しましょう。この月齢には、言葉や数字よりも作用・反作用の学習が適しています。
  • 言葉を覚えるこの月齢は、受容言語能力を身につける時期。たくさん聞くことで、より多くの言葉を理解できるようになります。「ブーブーの音が聞こえた?」「ワンワンを動かしてみよう」など、色、形、動物などの名前を教えてあげることで、言語を理解する能力が高まります。

はいはい、つかまり立ち、つたい歩きを助けるおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • わくわくドキドキ! お子さまを抱っこして床にすわり、おもちゃのしかけや色、形を指さして注意を向けさせましょう。しかけは低い位置についているので、お子さまでもかんたんに自分で遊ぶことができます。
  • 具体的な言葉を使って話しかけましょう。この月齢のお子さまは、聞くことと声を出すことが大好きです。
  • いっぱい動こう おもちゃを押したり追いかけてはいはいすることで、筋力が発達します。つかまり立ちができるように、いっぱい応援してあげましょう!

かたちあわせやブロックのおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • かたちあわせを始める前に、「いっぱい、からっぽ」「入れる、出す」を教えてあげます。 「赤いブロックを入れてみよう。丸いかたちだね」など、形や色、入れる、出すなどをていねいに伝えます。お子さまがブロックをすべて出したら「からっぽ」、すべて入れたら「いっぱい」と教えてあげます。
  • かたちあわせの準備ができたら、丸以外のブロックを片付けます。丸い穴に丸いブロックを入れられるか、試してみましょう。なかなかできないときは、丸い穴を指して「ここだよ」と教えてあげてください。それでもできない場合は、辛抱強くお子さまに付き合ってあげましょう。
  • 丸はおまかせ! 丸いかたちができるようになったら、丸を片付けて、「つぎは四角でやってみよう」と言います。四角いかたちができるようになったら、今度は丸と四角のブロックを両方やってみましょう。同じ日にやっても、次の日にやってみてもいいですし、一週間かかっても大丈夫。お子さまのペースに合わせて無理のないように遊びましょう。

ボタン、レバー、ダイヤルがついているおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • 上手にできた!  お手本を見せてから、同じことをまねさせます。「ダイヤルを回したよ。自分でできるかな?」 「ボタンを押すと、ねずみさんがチューチューって鳴くかな?」 お子さまを飽きさせないためには、ちょっとした仕掛けがあるとよいでしょう。指先の運動にもなります。
  • いろいろな色 色を覚える練習をするときは、指さしながら色の名前をゆっくり言ってあげましょう。 「ほら、お洋服も赤だね」など、お子さまの身の回りにあるものを使って色を教えると、より効果的です。
他の年齢のおもちゃを探す: