icon-arrow-down icon icon-arrow-fill-down icon icon-arrow-next icon icon-arrow-prev icon icon-tag-close icon
7カ月

7カ月

この月齢の特徴

この時期から「おしゃべり」のキャッチボールを少しずつ楽しめるようになります。
子どもの「おし<ゃべり」はかわいらしいだけでなく、言葉の発達にとても大きく影響します。

  • 身体能力(からだ)
    はらばいで前進できます。
  • 学習能力(あたま)
    ”入れる”と”出す”を理解します。
月齢タイル

7カ月の子どもの成長&発達:

よつんばいになって体をゆらしたり、はらばいで前進することができます。

自分の名前に反応し、誰の声か聞き分けられます。

色覚が発達し、複雑なモノを見ることができます。よく見える場所に自分から移動することもあります。

目で見て探すことができたり、モノに手が届く距離感を把握できるようになります。

おもちゃをつかむとき、手のひらと親指を使ってしっかり握ることができます。

お子さまの成長には個人差があります。本サイト上の記載内容はあくまでも目安であり、ひとりひとりの発育のスピードは異なります。お子さまの成長に関して不安や疑問がある場合は、お近くの医療機関などにご相談ください。

遊びのヒントとおもちゃの選び方

たたいて遊ぶおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • じゅんばんこ。 お子さまと一緒に、最初はおもちゃを前後に転がすだけのかんたんな遊びをしましょう。クッションなどを使って、おもちゃが遠くへ転がらないようにしてください。そして、「まえ、うしろ、あなたのばん、ママのばん」など、お話しながら遊びます。
  • よーい、はいはい! 転がるおもちゃをはいはいで追いかけてつかまえる遊びです。転がるおもちゃに向かってハイハイし、同じ遊びを繰り返します。
  • おもちゃないない。 音をたよりにおもちゃを探す遊びです。始めにおもちゃを見せてから背中に隠し、おもちゃの音を聞かせます。音がするほうにはいはいしてくるまで、何度か試してみましょう。

かたちあわせのおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • 出し入れ。 ものの「出し入れ」の理解を促す遊びです。おもちゃのブロックを中に入れてみるように言いましょう。何が起こるかな?おもしろい音が鳴ると、お子さまは喜んで何度でも繰り返して遊びます!
  • ひとつずつ。 形を説明するときは、ひとつずつ。一緒に形を確かめて、お子さまが理解するのを待ってから、次の形に移りましょう。お子さまがブロックを手にしたら、それがどんな形か教えてあげます。

動作に反応するおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • 「回したら音楽が鳴ったね!聞こえるかな?もう一度回してみよう」など、遊びながら、お子さまの行動とそれによって起こることについてお話しましょう。
  • 色あそび。 おもちゃを使っていろいろな色を覚えましょう。ひとつひとつ指さしながら、色の名前をていねいに声にだして教えてあげます。この月齢は、受容言語能力を身につける時期。たくさん聞くことで、より多くの言葉を理解できるようになります。
  • すごい! 「恐竜さんがお話したね」「虫さんを触るとどうなるのかな?」など、おもちゃで上手に遊んでいるときは、具体的な言葉で話しかけましょう。

はいはいやつかまり立ちを助けるおもちゃ

おもちゃをみる
発達のヒント
  • 1こ、2こ、3こ。お子さまを抱っこして床に座り、おもちゃの目や鼻、色などを楽しく指さして遊びます。「ビーズが1こ、2こ、3こ。あお、みどり、むらさきだよ」など、指でタッチしながら色の名前を声に出して言いましょう。
  • 「回したら音楽が鳴ったね! 聞こえるかな?もう一度回してみよう」など、遊びながら、お子さまの行動とそれによって起こることについてお話しましょう。
  • からだを動かそう。 おもちゃを使ってからだを動かすことで、筋力がアップし、赤ちゃんに自信が芽生えます。おもちゃを押したり転がしたりして、はいはいで追いかけたり、おもちゃを使ってつかまり立ちをしてみましょう。
他の年齢のおもちゃを探す: