フィッシャープライスについて

フィッシャープライスって?

フィッシャープライスの使命は、子どもたちの生活を楽しく、豊かにすること。1930年の創業当時から、子どもたちが将来に渡って活かせるスキルを身につけられるよう、多彩な商品やサービスを通して、小さなお子さまのいるご家庭をサポートしています。

フィッシャープライスのあゆみ

1930年、ハーマン・フィッシャー、アーヴィング・プライス、ヘレン・シェリーの3人によってフィッシャープライスは誕生しました。当時は世界大恐慌に見舞われ、新しいビジネスを立ち上げるには大変厳しい状況でしたが、最初に発売したおもちゃは目新しさと魔法のような仕掛けが人気を呼び、瞬く間にヒット商品となりました。そのおもちゃは今でもフィッシャープライスを象徴する存在です。 そして創業以来続いているものが他にもあります。それは創業者たちの信条です。

  • 遊んで楽しいこと
  • 工夫があること
  • 耐久性があること
  • 価値が高いこと
  • 動きがあること

フィッシャープライス創立当初のおもちゃ作りの基準は、今も変わらず受け継がれています。

フィッシャープライス本社

フィッシャープライスの本社は、ニューヨーク州のイーストオーロラという、歴史を感じる小さな町にあります。 バッファローから南東およそ20分の距離に位置するイーストオーロラには、かわいらしい古い家並みや、ゆるやかな丘、立派な学校などがあり、心やさしいフレンドリーな人々が住んでいます。

社会貢献

フィッシャープライスは長年に渡って、地元のコミュニティや子どもたちのためのチャリティ活動を応援しています。 私たちの慈善活動は、親会社の世界最大手玩具メーカーであるマテル社が運営するMattel Children’s Foundationの一部として行っています。 また、支援を必要としている子どもたちの生活改善に率先して取り組むことが、フィッシャープライスの役割であると考えています。 社会貢献活動のガイドラインに関する詳しい情報や、ウェブサイトからの寄付のお申込みについては、マテル社のホームページ (www.mattel.com)からご覧いただけます。

グローバル・ビジョン

ベビーギアやプリスクールトイの世界的メーカーであるフィッシャープライスは、革新的なアイデアや遊びには、世界中の子どもたちの可能性を引き出す力があると強く信じています。 私たちは145か国での事業展開および37言語でのおもちゃの製造を通じて、これからも世界中で成長を続けます。